FC2ブログ
最新記事

紙箱・化粧箱の製造工程

紙箱(貼り箱)の作り方・工程を紹介させて頂きます。

1.ボールを断裁紙します
dansai.jpg

2.断裁したボール紙に、折り目を入れます。
ke.jpg

3.井の字型に折り目を入れ終わりました。
senire.jpg

4.折り目を入れたボール紙の四隅を切り落とします。
sumikiri.jpg

5.展開図の完成。
tennkai.jpg

6.展開図の形にしたボール紙を折り、四隅をテープ止めします。
sumidome.jpg

7.紙を断裁します。
kamidansai.jpg

8.紙の四隅を切り落とします。
sumikiri2.jpg

9.加工した紙を糊付け機に通し糊付けをします。
糊はニカワを使用しており、湯煎で溶かすのに2時間近くかかります。
norituke.jpg

10.糊をつけた紙を、ボール紙の箱に貼り付けます。
hari.jpg

11.貼り作業終了。
hariend.jpg

12.身・蓋、共に同じ作業をして、貼箱の完成。
kansei.jpg

こんな感じで、紙箱は生産されます。
結構工程が多いですよね。

紙を断裁する・井の字型に筋を入れるなどの工程は、一つの箱を作るときでも1万個の箱を作るときでも、器具の調整をしなければならないため、生産個数が少なくなれば少なくなる程、生産効率は下がります。
その為、一個当たりの価格はどうしても高くなります。
弊社では閑散期のみ100個からの小ロット生産を受け付けてはおりますが、100個の生産というのは利益を考えない生産個数です。

弊社のサンプル制作(一個2000円)が高額なのも、同じ理由です。

お客様の中には、100個の箱の代金を出来るだけ下げたいという思いから、『身の紙は貼らなくて良いから安くして』と仰る方も居られますが、100個の受注ではほとんどが人件費で消える為、値段を下げることは出来ません。
また、上の画像を見て頂ければお分かり頂けると思いますが、紙を貼らないとテープがそのまま見える事になり、贈答用としては使えません。
両面白のボール紙を使って【釘止め】で作ればそれなりに見えなくも無いですが、両面白のボールは需要が少ない為、在庫がない場合もございます。
100個の小ロット生産の為に、全判サイズを100枚購入することは致しませんので、小ロット生産での【身の紙を貼らずに価格を下げて】というご要望には、基本的にお応えしておりません。
、ご了承ください。

最低200個以上ご注文を頂ければ、お値段の見直しをさせて頂きます。

パッケージについての詳しいことは、弊社ウェブサイトまで 木村紙工ウェブサイト
関連記事
[ 2012/06/18 17:34 ] 製造方法について | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kimurasikou.blog.fc2.com/tb.php/4-7a5a3ed8