FC2ブログ
最新記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

化粧箱の、値引き対象となる御注文について

前回は、小ロットについての価格について説明させて頂きましたので、今回は大ロット注文の価格について書かせて頂きます。

前回書かせて頂いたとおり、小ロット注文に関しましては、生産効率の関係から値引きさせていただくのは難しくなっております。
その一方で大ロット注文に関しましては、生産効率の上昇により、表示価格よりも値引きが可能な場合が御座います。
どの様ば場合に値下げが可能なのかを、2つの例を挙げて説明させて頂きます。


・年間で数万個に及ぶ御注文を頂いた場合。

この様な大ロット注文の場合、ボール紙や紙の断裁の際に、専門業者に依頼することにより、弊社の手間を大幅に減らせる場合が御座います。
具体的には、ボール紙を展開図に加工する工程を、トムソン加工に置き換えることにより、注文数によっては加工費が安く抑えられる場合が御座います。(インターネットによるトムソン箱の受注は行っておりません。)
加工費を安く抑える事が出来れば、差額をお客様に還元させて頂く事が可能となりますので、その分、箱1個当たりの価格は低く抑えられます。

この制作方法(展開図制作ををトムソン加工に置き換える)の場合、トムソンの木型代、木型の据付代金、トムソン加工費等がかかりますので、この方法で加工費を低く抑える為には、年間数万個単位の発注が必要となります。


・年間を通して継続して一定数量を購入して頂ける場合。

1回当たりの御注文数が少ない場合でも、年間を通して数千個の御注文を頂ける場合、通常価格よりも割引できる場合が御座います。
例えば、一ヶ月当たり200個の御注文でも、年間2400個の御注文を頂ける場合、弊社の閑散期に製造して在庫として保管し、御注文の度に発送する事により、生産コストを下げれる場合が御座います。
しかし、在庫を保管しておく倉庫スペースには限りがございます。
小さな箱の場合は、少ないスペースでより多くの在庫を保管しておくことが可能ですが、大きな箱の場合は在庫として保管しておける個数が少なくなる為、箱の大きさによっては、割引価格に差がでます。)

尚、この方法ですが、紙箱の価格を引き下げる為、年間発注数を多めに見積もって発注するといった行為を避ける為、弊社とお客様との間に信頼関係が築けたお客様のみを対象とさせて頂きます。
また、お客様の都合で化粧箱の購入を中止される場合、弊社で制作した在庫分は引き取って頂くこととなります。


これらの条件に該当する場合は、値引きさせて頂く事が可能となりますので、御注文の際に、一度ご相談ください。
スポンサーサイト
[ 2012/10/02 12:27 ] 化粧箱の価格について | TB(0) | CM(-)












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。