最新記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

化粧箱の値引き交渉について

最近、小ロット注文を頂くお客様から、価格の引き下げ交渉を持ちかけられる事があります。
弊社では、生産効率の関係から200個以下の御注文に対しましては、価格引き下げは行なっておりません。
しかし、これだけではご納得頂けない方も中には居らっしゃるかと思いますので、今回は紙箱【化粧箱】の生産にかかる費用を書いていきます。

弊社の紙箱【化粧箱】の1日の生産数は、箱の大きさ等によっても若干変化しますが、単純なかぶせ蓋で一種類のみ生産する場合で約500個程度です。
この500個の生産には、弊社の場合、職人4人が携わります。

職人へ支払う人件費・水道光熱費・その他諸々の諸経費を加えると、一日当たり約5万円のコストがかかります。
このコストを一日の制作数500個で割ると、1個あたりにかかるコストは、弊社が会社としての利益を取らない場合でも100円程度かかる事になります。

この100円という価格には材料費は含まれておりませんので、化粧箱の販売価格には、この価格とは別に材料費が上乗せされます。
今回、例として出させて頂いた1個100円の手間賃は、一種類で500個生産の場合の価格ですので、生産効率が悪くなる場合は製造コストも上昇します。
例を出しますと

・御注文された箱が箱が通常の箱に比べて大きすぎる、または小さすぎる

・箱の内側にも紙を貼る・仕切りを付ける・厚みをつけるといったオプション加工を追加された場合

これらの場合、一日の生産個数が大幅に減少する場合がある為、手間賃が上昇致します。

これらの例の他には、小ロット注文の場合も一日の生産個数が減少します。
貼り箱の生産には数多くの工程があり、その工程ごとに機械や道具の調整が必要となりますので、一種類の貼り箱であれば一日500個の生産が可能ですが、同じ数でも二種類の箱を250個作ることは出来ません。
当然、数が減れば減る程、機械や道具の調整回数が増える為、効率はどんどん悪くなってしまいます。
弊社では、小さなサイズの場合100個から生産受付をしておりますが、一日100個の生産ですと、生産効率は半減致します。
当然かかるコストも倍になりますが、弊社では、より多くのお客様にオーダーメイドの化粧箱の存在を知って頂きたいとの思いから、小ロット販売の価格を抑えて提示させて頂いております。


弊社のセミオーダーで紹介させて頂いている価格は、これらのことを考慮して掲載させて頂いております。

その為、200個以下の御注文に関しましては、値引き交渉には応じておりません。
予めご了承ください。
スポンサーサイト
[ 2012/08/18 15:24 ] 化粧箱の価格について | TB(0) | CM(-)












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。